けんぽニュース

ノーリツ健康保険組合の広報誌
年2回発行予定です

健康や保険についてなど、さまざまな情報をわかり易くご紹介する広報誌です。

電子ブックイメージ
2021年11月9日

家庭用常備薬の斡旋について

平素は健康保険組合の事業運営にご協力していただき誠にありがとうございます。

家庭用常備薬の斡旋を行います。
申込書はご自宅へ郵送しますのでよろしくお願いいたします。

2021年10月14日

特定保健指導の実施について

平素は健康保険組合の事業運営にご協力いただき誠にありがとうございます。

ノーリツ健康保険組合では、会社と協同で生活習慣病予防に着目した健康づくり事業(特定保健指導)を実施します。
対象の方は下記内容をご覧の上、奮って参加していただきますようお願いいたします。

【特定保健指導の内容】
今年の定期健康診断の結果をもとに、国家資格を取得した保健師、管理栄養士が3か月間に渡り、日頃の食生活や運動・その他健康に関する幅広い指導を行います。

【対象者(本人)】
35歳以上の方で、今年の定期健康診断の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く「生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が大きく期待できる方」を抽出して本人にご案内します。対象者の方へは2021年10月14日より都度案内をします。

【対象者(家族)】
40歳以上の家族の方で、今年の定期健康診断の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く「生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が大きく期待できる方」を抽出して本人にご案内します。対象の方へは2021年10月14日より都度案内をします。

特定保健指導の実施率が10%未満になりますと、健康保険組合は「ペナルティー約200万円」を国から徴収されます。
また会社も「健康経営優良法人ホワイト500」の取得ができませんので対象者の方は奮って参加していただきますようお願いいたします。

2021年9月22日

インフルエンザ予防接種の補助金支給について

平素は健康保険組合の事業運営にご協力いただき誠にありがとうございます。

現在、新型コロナワクチン接種の真っ最中で、まだ接種未完了の方が多数いると思いますが、今年も例年通りインフルエンザ予防接種の接種率向上を目指します。
新型コロナとインフルエンザは症状が似ており、海外との交流が増え、逆に人流抑制が鈍っていることでインフルエンザ感染リスクは高まっています。
様々な混乱を防ぐ意味でもインフルエンザ予防接種を受けましょう。

補助金は昨年に引き続き2,000円です。

なお今年より予防接種補助券による個人接種を実施します。契約医療機関で接種をする場合、補助券と健康保険証を持参すると2,000円を超えた金額を当日支払うだけで済みます。
契約医療機関はまだ少ないですが、今後増やしていく予定です。

詳細につきましては下記をご参照願います。

【インフルエンザ予防接種補助金制度の概要】
・ノーリツ健康保険組合の被保険者及び被扶養者を対象に1人/年度内1回限り2,000円を補助。
・接種方法:個人接種・集団接種
・補助金申請方法と支給

インフルエンザ予防接種補助金支給申請書により被保険者各人が申請、補助金は給与に振り込みます。
予防接種補助券により接種した場合は補助金申請は不要です。
また会社と医療機関で調整のついた事業所については集団接種扱いとなり、会社より健康保険組合に一括請求できますので個人の申請は不要です。この場合は会社より別途案内があります。

・期日
接種期日:当年12月末日まで
補助金申請期日:翌年1月末日 健康保険組合到着分まで